FC2ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

足がくっつきました

ロードバイクに乗り始めてもうすぐ半年。

ようやく一人前のスタイルが完成しました。


うん。格好だけ一応。




個人的には、これでようやくロード乗りって言えるぞっ
と思っているマストアイテム

ビンディングです!


早めに慣れといた方がいいよ~という人もいれば
まずはロードに乗ることに慣れてから
ゆっくり変えればいいんじゃない?という意見もありましたが
お値段も結構するのでとりあえず後回しにしていました。

今回CARRERA教官に導入したのは
TIMEのペダルで多分これ↓

エスプレッソ・・じゃなくてエクスプレッソ8プロ
上から3番目のグレードなのかな?
お値段が高いほど軽くて、材質が変わるみたいです。
このグレードくらいにしておけば、質も良くて安心して使えるそうなので
ちょっと予算オーバーでしたががんばりました。


靴はSIDIで
同じく赤白のモデル。
普段地味な色を選びがちな自分には、かなり攻めてる色遣い!
イタリアのブランドって、何か独特なセンスがありますよね。なかなかCOOL。





そういえばCARRERAの写真を載せていなかったですが
うちの相棒はイタリア~ンな白赤デザインなのです。

carr1.jpg

そこにビンディングペダルを取り付けると・・・
carr2.jpg
色合いもぴったりで完璧じゃないですか?(自己満足)

ついでに靴もなんとなくお揃いな感じで・・
carr3.jpg
ね、ぴったりでしょう?にやにや



クリートって何だか勝手に丸い金属のボタンみたいなイメージを持っていましたが
(名前のイメージで・・)
構造を見てみると、平たい爪でひっかけているんですね~

メーカーによってペダルの形状が違うそうですが
TIMEの場合、クリートが嵌っている状態で踵を左右にぐにぐに動かせます。
うちの店長はTIME派?なので
漕いでいる時に膝の向きが変わったりしても、足先ががっちり固定されていないから
足がねじれることがなく、パワーロスが少ないんだ、と言っていました。

なるほど、確かに自然な状態では、膝とつま先は同じ進行方向を向いて漕いでいますが
ダンシングしたり疲れてきたりすると、膝が内側に寄ったり向きが変わることがあります。
その点、TIMEなら多少の誤差は振れ幅でカバーできるので
力の伝わり方にひずみは出なさそうです。
それに膝は左右のねじれに弱いので、痛めにくいかもしれないなと思いました。

SHIMANOなんかはクリートがしっかりはまって安定感があり、漕ぎやすいという意見も聞きましたし
TIMEのぐにぐに感が嫌いという人もいるみたいですね。
この辺はもう、個人の体のクセとか好みによるんだろうなぁ。
皆同じ体ではないので、いろいろなメーカーや形状があって選択肢が増えるのは良きことですね。

そういえばサイスポに詳しいインプレが載っていましたが
難しくて読んでもよくわからないよね( ̄▽ ̄)あはは・・
http://www.cyclesports.jp/magazine/2010/1005/




↓よかったらクリックしてね
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

COMMENT

うひょ〜っ!

かっちょエエ〜!
「走ります」って言ってるみたーい。上級者って感じたわ〜。
ceroさんのバイクには、もうレーサースタイルがバッチリ合いますね^ ^
惚れるわぁ

Re: うひょ〜っ!

>silverさん
ふふふ
鬼教官は戦闘モデルなのです。
初心者にも容赦なくスパルタです(笑)
あとは乗る人がレーサーらしくなるだけなんですけどね・・・がくり。

プロフィール

cero

Author:cero
2014年8月
 ロードバイク納車。
2015年9月
 初MTB SDA王滝42km 完走
2016年5月
 鈴鹿(春) アタック120 完走
2017年9月
 ブルベ初参加
2018年5月
 SDA王滝100km 完走
2018年9月
 ブルベ600km 完走(SR)

先生:CARRERA mamayama
師範:DE ROSA NeoPRIMATO
相棒:Cannondale SCALPEL
出没地:関西

*****
[read more]を押すと続き(全文)が読めます。

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

カテゴリ

***

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク